「ん、S・Kがこちらで働いてんのか?」
 急にM・Tが身も蓋もない事を話し出したのでわたしとN・Tは顔を見合わせて笑うしかなかった。
「違うよ。先アイツがやってただろ?あのセレクトブレークを見てたらこういうロゴ符号が咄嗟に思い浮かんだんだ」
「そういうことか。お前、やはり天才だったんだな。当然八十五万のパパ」
 N・Tは依然としてわたしに預金の技能があると思い込んでいる。
「天才はお前だろ。アイツがここで働いてたら大変」
 わたしは、指の符号の仕掛けが目安のデパートの方を指し示した。
「ってかひとまず、こちらってホームセンターじゃないけどな。必ず、使えそうな物は揃ってそうだからいいけど」
 わたしとN・Tの掛け合いをはた目に、何時に無くM・Tは落ち着きだった。
その後も、M・Tが寝具タイプや実用性があるのかどうか訝しい商品タイプなどを品定めしていらっしゃる側で、わたしとN・Tは東急ハンズの店内でギャグを飛ばし合いつつ馴れ合いながら小一時間ほどM・Tの衝動買いに付き合った。医療脱毛 アリシア