鈴木雅之さん、先日歌う姿を久しぶりに見てその歌声に魅了されました。年齢を重ねても彼の変わらぬ歌声と歌に対する深さや味は健在だなと、そう思いながら聞き惚れた時間でした。年齢を感じさせないトークスタイルも変わらずそのままで、60歳という年齢を全く感じない雰囲気が只者ではないなと感じさせてくれますね。「恋人」という曲、少しだけ昔をさかのぼるけれど音域や歌うフレーズも変わらぬまま彼の素顔を感じさせてくれる歌い方がとても心に響き伝わるのである。顔をテレビで拝見しても何十年も変わつていないように感じる。もちろん、彼自身の努力と歌にも磨きがかかっていくのだろうと。歌にはその人の歴史が刻まれるよう、聴く我々もその歌を聴くことで過去という歴史を振り返ることが出来ますね。語りつがれる歌で瞬間(時間)を戻せることが出来るって素敵だなと感じながら心に刻んでいます。鈴木さんの歌声を耳に記憶しながら、またいつか振り帰れる記憶をたどっているところです。

カボチャが美味しい季節になってきました。
私が小さい頃にはカボチャといえば、一択だし種類もなかったです。
だけど、現代ってカボチャの種類も豊富だし面白いですよね。
しかも、それぞれに特徴があるから好みによって選んだりできるから便利です。

カボチャは私はシンプルに煮るのが好きです。
砂糖と、ちょっとの塩で煮るとカボチャそのままの味がより生かされておいしいです。
まさにスイーツみたいでおいしいです。

私が好きなのはホクホク感がある、しろみくりです。
味が濃厚でお芋みたいにホクホクでおいしいです。
他には伯爵が好きです。
伯爵は、しっとりとしていて口当たりが良くて、スイートポテトみたいでおいしいです。
どれも特徴があって捨てがたいです。

他にはコリンキーってカボチャがあって、生で食べられるっていう特徴があってパリパリしていておいしいです。
炒めてもおいしいし、カボチャ嫌いな人にもオススメできるカボチャになってます。
せっかくだから、いろいろ食べ比べるのもいいかも。http://xn--eckrh3f3cub8dycuar9db0j.xyz/